美味しいトマトが食べたいなら見分け方を知っておこう!

どんな形のトマトが美味しい?

トマトと言っても、トマトの種類は今や何十種類もあり色や形、味もさまざまですが
一般的には糖度の高いトマトが美味しいと言われています。

 

トマトを購入する時、色が赤いものを選ぶかと思うのですが、赤いからといって美味しいとは限りません

 

真っ赤なトマトを買ったのに実際食べてみたらあれれ?何だかみずっぽいぞ!と思う時がありませんか?
もちろん美味しさは人それぞれですが、水分がたっぷりでも、味がないトマトは一概に美味しいとはいえませんよね。

 

薄いピンクや青々としたトマトより赤い方が美味しいのですが、色の他にも手に取って良く見てもらいたい箇所があります。
そこで、トマトを購入する際にいくつかチェックしてもらいたいポイントをご紹介します。

 

1つ目は、おしりの星に注目してください。
トマトのヘタの反対側のおしり(厳密には先端部分です)に、中心から放射線状のキレイではっきりとした筋が入っているものを選びます。
この星状がたくさん入っているトマトはとっても甘くて美味しい証拠です。

 

次におしりと反対側のヘタにも注目してください。
まず、ヘタは緑でしっかりとついているものを選びましょう。黄色っぽかったり、取れそだったりする物は古い証拠です。
また、収穫後時間をおいて赤くしたもの(これを追熟と言います)は、へたが茶色がかっています。こちらも購入する際には避けましょう。

 

最後に、自宅へ帰ってきてからトマトを洗う際、ボールにたっぷり水をいれてみましょう。
なんと!甘いトマトは水に沈みます
これは、糖度でいうと5度か6度を境に浮くか沈むかになるそうで、糖度の高いトマトは中身がぎっしり詰まっている為水に沈む・・・という訳なのです。
みなさんも上記のポイントを参考に、是非おいしいトマトを見分けてみてください。