トマト出汁はトマト独特の青臭さがないので、トマトが苦手な方にもおすすめです。

トマト出汁

 

昆布出汁やかつお出汁は聞いた事があるけどトマト出汁って何?と思われる方もいるかもしれません。実は最近トマト出汁がとても流行なんですよ。

 

トマト出汁はとてもまろやかな味をかもし出す出汁で、トマトはあまり使用されることの無い「和食」に使用する事が出来ます。トマトは独特の「うまみ」を持つ野菜なんですよ。

 

トマト出汁の作り方

トマト出汁は「トマト」のみを使用して作成します。
まず、トマトのヘタをとり、適当にざく切りします。そして鍋にトマトを1、水を2の割合で入れたら弱火でゆっくり温めます。
沸騰してきたら灰汁をきれいに取り除き、5~10分ほど煮立たせます。

 

その後、紙などできれいに漉したものが「トマト出汁」となります。このトマト出汁にはトマトのうまみが凝縮されています。

 

もちろんトマトの魅力的な栄養素である抗酸化作用のある「リコピン」もきちんと含まれて居ますし、その他にも「ビタミン」や「ミネラル」もたくさん含まれている栄養素の満点な出汁です。
漉した後のトマトはカレーやスパゲッティーなどに使用するといいでしょう。

 

こうして出来たトマト出汁は和食を作るときの出汁として普通に使用する事が出来ます。

 

例えばお味噌汁や筑前煮や出し巻き卵などにもおすすめできますし、特に魚の煮物に使用すると、魚に含まれる「イノシン酸」といううまみ成分と、トマトに含まれている「グルタミン酸」といううまみ成分が合わさる事により、よりおいしい魚の煮物を作る事が出来ます。
また昆布出汁やかつお出汁とあわせ出汁として使用するのもおすすめです。

 

トマト出汁は洋風のお食事にも使う事が出来ます。例えばスープパスタやポトフなどに使用するのもいいですよ。
トマト出汁はトマト独特の青臭さも無い為、トマトが苦手な方にもおすすめです。
トマト出汁は簡単に作る事が出来るので、ぜひトマト出汁でいろんな料理を作ってみてくださいね。

 

トマトと相性が良い食材