トマトにはこんなにたくさんの効能がある!

トマトってこんな食べ物

近年、トマトを使用したトマトダイエットや健康法が話題になったりと注目されているトマトですが、トマトにはどんな効能があるかおさらいしてみましょう。

 

トマトと言うと、主にビタミンAやビタミンCが豊富で知られていますが、
あまり聞き慣れないビタミンH、ビタミンPといった変わったビタミンも含まれています。

 

ビタミンHは皮下腺の働きを促進し肌荒れを予防してくれ、ビタミンPは毛細血管に働きかけ皮膚に栄養を与えてくれます
また、この二つのビタミンはお互いに相乗効果を発揮し、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ってくれたり、アンチエイジング効果を発揮してくれたり・・・と
美容には欠かせない重要なビタミンです。

 

また、トマトの赤い色こそ健康に良い理由で、この赤色は赤色の天然色素成分(カロチノイド)リコピンから出来ています。
このリコピンこそ、ダイエットや美白成分の効果を得るのに有効とされており、抗酸化力はβカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍とも呼ばれています。
すっかり美容に人気なトマトですが、美容だけではなく、医学的にも有効な食べ物とされています。

 

「トマトが赤くなると 医者は青くなる」ということわざは聞いたことがあるでしょうか。
これはイタリアのことわざで、トマトは完熟期になるとリコピン、ビタミン、ミネラルが大幅に増加し、これらは大病の原因ともされる活性酸素を除去してくれる働きがあると言われています。
医者が青ざめてしまうほど栄養価が高い、ということですね。

 

トマトに含まれるカリウムは、体内のナトリウムを排泄してくれるため、血圧降下むくみの解消にも役立ちます。
また、天然のアミノ酸、グルタミン酸やガンマーアミノ酸を多く含むため、脳細胞の働きも良くしてくれます。 

 

他の野菜には見られない効果や効能がたくさんあるトマト。
効果を得るには生食用トマトだと2〜3個が理想的ですが、油に溶ける性質があったりと調理方法が沢山あるのでぜひレパートリーを増やし、健康や美容のために食べ続けてみてはいかがでしょうか。

トマトの調理方法はこちら

 

生のトマトが苦手な方ならトマトジュースでもいいでしょう。

トマトジュースの種類はこちら

 

また、野菜ではありませんが同じように栄養が高いものに「青汁」があげられます。
トマトばかりでは飽きてしまう…というかたはこちらも是非お試しください。
人気の青汁一覧はこちら